レッスン再開

- - - otoneko-ms

長かった10連休を終え、広い心で生徒の皆さんを迎えたこの1週間。

『みんなどんなに練習してきていないだろうか?ドレミを覚えているだろうか?右手左手がわかるかしら?』

 

いろんなできないことを想像しつつ迎えたレッスン。

まあ!みんなちゃんとやってるじゃないの(*^^*)  すごいわ!

と妙に感激してしまったワタクシ。そしてついでに聞いてみた。

『長いお休みは何してたの?どこか遊びに行った?』 するとその答えもそれぞれであった。

『長崎行って〜また別の時に山口行って〜〇〇も行って〜〜〜🚙』

す、すごいわ。

別の生徒は、『んーどこにも行かんやった』。そうかそうか。そして高校生になると『課題が多くてどこにも行けませんでした』

なるほどねえ、お勉強大変ね、またいつかどこかに遊びに行ってね。

 

こうして連休後の1週間は終わった。

さて、最近は気温もどんどん高くなり、もう熱中症の注意の呼びかけもしている。そして気温の上昇に伴い花もどんどんと店先に並べられる。これを見ると私は胸が高鳴るのである。

『ああ〜お花を植えた〜い🌸』

 

そこで・・・

 

 

 

 

昨日また買ってきちゃった!もう1弾は植えたのだが、青い花が欲しくて〜と見ていたら、あれもこれも・・

『あんたまた花買って来たん?』

母の言葉である。しかし私は知っている。この一言に込められた彼女の気持ちを。

(またこんなに買ってきて植えてもどうせ枯らかしてしまうよ!もったいない! でもいいわねえ、私もお花たくさん植えたいわ!!) と。

そして私が植えているとその羨望が態度となって表れるのである。まるで猫のように植えているのを嗅ぎつけてチェックにやってくるのである。

『この花はどの鉢に植えるの?』とか、『その花は大きくなるの?』とか。そして植え方のいろはを伝授する?

わかりましたよ、お母様の教えを守って植え付けますよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は何故だか高い花を植えるとすぐ枯らかしてしまう。68円とか98円といった安い花はきちんと根付くのである。何でだろう??

 

 

昨日買った花は午後から植えることにしよう。それまでは18歳となったかいちゃんの寝顔を見てくつろぎましょ💓

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM