さくらと子猫コンサート

- - - otoneko-ms

梅雨のように蒸し暑い日があったかと思えば、今日はとても寒い。こんなこっちゃ体調を壊してしまいそうである。が、さくらの花は今とてもキレイである。そんな中当然といえば当然、酒好きなバッカスの面々はお花見という名目で宴会を計画した。大貞公園で6:00からビール

しかしその日は生憎の雨雨  仕方なしにリーダーのお宅ですることになった。彼の家は大貞公園の近く。みんなで公園に行ったつもりで大人数で押し掛けたのである。『やっぱりさくらがないと淋しいね』。すぐにさくらを一枝取って来てビンに差したリーダー。見事な素早い行動であった。これでお花見気分も盛り上がった。

んまー、やっぱりさくらがあるのとないのでは大違いね、大正解よさくらさくらさくら

 

 

 

 

 

色々な話をしながら、夜は更けていったのである。

 

さて、お花見から1日挟んだ4/8(土)。三光の深泉寺のさくらまつりにバッカスとう〜ちゃんかんしゃは参加した。この日がまた雨が降ったりやんだりで外での演奏は断念してお御堂の中で行った。

 

う〜ちゃんの相棒(N先生)と『やっぱ桜を飾らなくっちゃ!』と小道具を前々から用意していた。そしてほーーーらさくら

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの楽器はさくら仕様となった。

ドラムもちょっと飾ってみようかしら( ^ω^)・・・

 

 

 

 

ふふっ、ほんのちょっぴりさくら仕様。

 

 

11:00から本番である。まずはフラダンスのお姉さま方である。

 

 

 

 

1曲終わったらお衣装をブルーにかえて、またスバラシイ踊りを披露してくださった。

 

 

そして う〜ちゃんかんしゃである。

 

 

 

 

平気な顔をして弾いているN先生。実はここに来るまでにはトンデモナイ事が起きていたのである。

楽器搬入していて電話をバックに入れていた私。終わってから見てみると・・・

『楽譜を忘れたので取りに帰る。遅くなるガーンネコ

何とも切羽詰まったメールが入っていた。

『ゆっくりでいいよ、気を付けてきてね🚙』

 

髪の毛を逆立たせて彼女は登場した。ついでに息切れもしていた。

『どこまで来て楽譜がないのに気が付いたの?』

恐る恐るきいてみた。この日彼女は別府から三光に向かっていたのである。

『アフリカンサファリを通り過ぎて、安心院に来ていた・・・』

『ありゃ〜〜』

 

本番、そんなエピソードも自分の味方にして堂々としたトークを 放つ彼女はやはり大物である。あたしは尊敬するよ。

あんたはエライエクステンション

 

 

それからバッカスの演奏をして、深泉寺のさくらまつりが終了した。

 

 

 

 

 

     

 

次の日4/9(日)、教室の生徒さんのコンサートである。最近忙しさのあまりコンサートがご無沙汰になっていたが、みんな今日は頑張って演奏してね!

 

 

  

     

 

 

 

 

     

 

 

 

     

 

 

 

ピアノソロ、連弾、エレクトーンソロ と全員2曲ずつ弾いてくれた。上手になったねえ、おばちゃんは いやいや今日は先生は感動したよきらきら手矢印上

 

そしてワタクシも1曲演奏。

 

 

     

 

 

 

 

 

お客さんもたくさん来ていただき、弾いている生徒も励みになったようだった。おばあちゃんが大勢応援に来て下さり、みなさん我が孫の姿に目を細めていらした。これからも応援よろしくお願いしますね m(__)m

 

継続は力なり。みなさんもたくさん練習して素敵な曲をどんどん弾きましょうねonpu03

 

 

 

 

 

演奏後は珈琲タイム。ケーキと飲物で緊張をほぐした後は、いつものようにジャンケンポンゲームである。大人も子供も関係ない真剣勝負の時間である。

今回はワタクシ奮発いたしました!!

粗品5個、豪華粗品3個である。普通の粗品はジャンケンに勝った人、豪華粗品はジャンケンに負けた人がもらえるのである。

 

 

 

        さあ、私と勝負よ!!

 

 

 

 

 

       みなさんかなり盛り上がっていたDocomo102キラキラ顔文字

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして14:00から始まった『第6回 子猫コンサート』は無事に終了した。

 

保護者のみなさまにおかれましては、日頃より音楽教育にご理解・ご協力をいただきまして本当にありがとうございます。これからも元気で楽しく仲良く?レッスンを進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

本日司会・進行をしてくださったTさん。ありがとうございました。子供の母親の目線での暖かいインタビューはとても素敵でした。また次回もよろしくお願いしますはーと

 

 

日曜日の午後という貴重な時間にお越し下さった皆様、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

次回、生徒の皆さんはグレードアップアップして再び子猫コンサートで演奏してくれると思います。その時にまたお会いしましょうピアノ♪黒猫

 

 

 

                      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM