果実酒

- - - otoneko-ms

先日、我が家の前の川沿いをじいちゃんが草刈りしていた。私はというと『お猫様専用お庭』の草刈りを済ませ、さあ今から何をしようかしら?  と考えていたところだった。

 

『グミを採らんか?』

はあ?グミ?  そんなもんどこにあるの?  という感じである。

ここに戻って来て10年を過ぎたが、どこに何があるのか殆ど把握していないワタクシであるDocomo_kao8

 

グミと言えば、子供の頃学校の行き帰りで、人様のところのグミを勝手にちぎり食べていた事を思い出した。しかし、グミにトゲがあったのはすっかり忘れていたガーンネコ

おかげで服の上からチクチクとトゲが刺さったのだった。が、鈴なりに生っているグミに夢中で、汗だくになりながらも楽しく採ったのである。

 

 

 

 

          サクランボのような形状である

 

 

 

 

 

             全体はこんなカンジ

 

 

 

 

         これをキレイに洗うと・・・ほ〜ら!!

 

 

 

 

 

 

なぜ最初にそうしなかったのか?不思議である。

子供の頃にしていたようになぜ最初に食べてみなかったのか??  う〜ん、じいちゃんが採れというんだから・・と何の疑いも持たず採れ=おいしい と思い込んでいた。そしてやっと1つ食べてみてびっくりした。

 

         『渋〜〜〜〜〜いびっくりガーンガーン

 

 

 

 

実はこれの倍の量を採ったのであるが、半分お隣に持って行ったのだ。そして私はじいちゃんに聞いた。

『グミ食べた?』

『食べてねえ(食べていない)』

 

じいちゃん!! 食べてなくて私に採れと言ったの?似たもの親子といえばそうだが、じいちゃん!!採れという前に1つ食べてみて欲しかったわDocomo109

などと今頃そんなことをいっても、私の使った労力は戻ってはこないのである。

 

 

そんな時母が言った。

『焼酎に漬けてグミ酒にすればいい。』

おおおおお!! その手があったわ。早速インターネットでグミ酒を検索。あるあるあるわ!!グミ酒にすると、渋みも取れるらしい。

私はホワイトリカーと氷砂糖を購入してきて、グミ酒を作った。

 

 

 

 

 

 

 

何でも新しもの好きなかいちゃんが やっぱりひょこひょことやってきた。

これはお酒! かいちゃんが食べるのじゃないからね!

 

 

 

 

 

 

半年程したら実を取り出し、また寝かせるといいらしい。

 

 

 

 

そして今朝。外で声がするので私も出てみた。するとじいちゃんが今度は梅を採ってきていた。

 

 

 

 

 

 

 

母はこれを梅干しにするらしい。何やら升に入れて量っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを見て私は思った。

フフフ、ちょとこれをいただいて梅酒を作りましょウインクペコちゃん

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM