メガネとかいちゃんとカメムシと

- - - otoneko-ms

『お手伝いは栗拾い?』からもうすぐ1か月。いつそんなに時間が過ぎて行ったのか?毎度の言い訳にももう説得力はないよなあ・・

ぼやーっとしていたのもあるけれど、それだけではないのである。

 

人生50も過ぎると、やたら体に異変が生じる。

若いころはニキビ1つできたことのなかったこのワタクシ。しかし・・

 

ある日の朝、いつものように目が覚めた。が、何かがいつもと違う。唇がおかしい。何と表現したら良いだろうか・・

重い?痛い?痒い?  とにかくいつもと違うのである。が、その日は何とか自分を騙して気にしないように過ごした。

しかし次の日、明らかに変であった。唇の周りが赤く、小さなブツブツが出来ていた。が、その日も気にしないようにした。そしてその症状をネットで探し、急に不安になったワタクシ。即皮膚科へ行った。

 

『加齢のためこのような症状が出ます。1週間は薬を付け、次の1週間は保湿剤のみ。化粧は禁止です!』

んまー、何てことでしょう!!

化粧をしないもともとのっぺりしているワタクシの素顔・・とても他人様にはお見せできないわ。ならば少しでもましに見えるようにとメガネをかけることにした。以前作ってはいたのだが、めったにかけなかった。遠視の黒縁メガネである。これで過ごすことにしたのである。

するとまあ!!なんて視界がスッキリと見えるのかしら?メガネを買った当初は、それをかけて車の運転なんて絶対できなかった。が、今回は快適である。これって視力が落ちているってこと?でもまあ快適である。

そして4〜5日程経ったであろうか。今度はまぶたが異常に痒い。おかしいなあ?と思っていたら、朝起きて自分の顔を見たら『どちらさん?』というくらいに腫れている。人間目が違うと別人になるということを実感した瞬間だった。それでも2日は様子を見たが、ひどくなる一方で、またしても皮膚科へと行った。くちびると同じであった。加齢、化粧の刺激○×△

あーあ、2度と化粧なんてできないじゃないの(# ゚Д゚)

今度は無添加の洗顔のサンプルもくれた。あーあ、何度でもため息が出るワタクシであった。

 

もうメガネは人生の必需品となった。

1週間すっぴんでレッスンし、生徒からは『何でメガネかけちょるん?』などと言われながらも、次の1週間もすっぴんで過ごし、その間大事な打ち合わせや、人と会う機会もあった。が、すっぴんであった。恥ずかしさをメガネで隠し何とか乗り切ってきた。

そしてついに化粧再開の日がきた。

何だか自分の前にもう1人でーんといて、私はその陰にいるような妙な気分であった。が化粧再開に少なからず嬉しさを感じていた。

『もう大丈夫ね!これでまた化粧ができるわ♥』

 

しかし・・・

悲劇は私に訪れた。2日目。あれっ?何だかまぶたが痒いような気が・・・

あああああ〜〜〜〜やっぱり痒いわ。

次の日からまた化粧をやめた。そして薬を付け、おばちゃんのメガネが復活したのだった。

はあ〜、ため息である。額やほっぺは今のところ何ともないので、現在はその部分は化粧をし、目・くちびるはしていない。この状態をまともに見ると、とても変である。ということで、メガネはこれからもずっと友達になりそうである。

 

 

休日、当然化粧をせずにブログの更新に励んでいたワタクシ。最近の冷えはまだ10月とは思えない寒さである。猫のかいちゃんもやっぱり寒いらしい。お膝に乗って抱っこされるのが大好きな甘えん坊の16歳のかいちゃん。

この日も早速私の膝に乗っていた。しかし途中で水を飲んだり外に行って遊んだりもする。外で何をするかというと別になーんにもしない。ただボーっと景色を眺めたりしているようである。そんなかいちゃんも私と同様悲劇が襲ってきた。

 

 

外から急いで戻ってきたかいちゃん。すぐ私の膝に乗ってきた。

ん??くっさーい!臭いよおーーー!!

皆さんはカメムシをご存知だろうか?何もしなければ別に何ともないのだが、自分が攻撃されると思うと身を護るために臭いにおいを周囲に放つのである。どうやらカメムシと遊び、触って臭いを付けられたようだ。

『かかかいちゃん、臭いから自分で座布団に座ろうね!』と言っても言葉がわかるでもなく、さっさと私の膝の上に・・・

あーあ、仕方ないなあ・・部屋中カメムシの臭いが充満していた。何度も言うが、仕方ないなあ・・・・・

その後は私の膝の上ですやすやとおやすみになっていた。顔を見ると満足気であった。猫はいいなあ。

 

 

 

今日は雨。かいちゃんは丸くなり、アンモナイトのようになっている。

 

 

 

 

そして外猫えみちゃんは、もう『外猫』ではない。立派なお隣の家猫と格を上げた。

かいちゃんのお下がりの毛布とドームをもらい、毎日ご機嫌で暮らしている。

 

 

 

 

 

           これあたしの毛布よ!

 

 

 

 

 

 

             何かご用かしら?

 

 

 

 

猫たちが幸せだと私も嬉しい。

かいちゃんも、えみちゃんも、ついでにすずなりも、みーんな元気で長生きしてね 猫黒猫黒猫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM