桜まつり

- - - otoneko-ms

4/1(日)、バッカスのメンバーとう〜ちゃんかんしゃは朝9時に集合して楽器を車に詰め込んで、ひょこひょこと三光の深泉寺へと向かった。ここは枝垂桜が有名で毎年たくさんの方々がお花見にやってくる。今年はお天気も良く、今日は最高の日和だ。

 

 

 

 

やかたの音楽祭でのくせ?が抜け切れていない私達。ビール片手に『頑張るぞおおおーーー』

 

 

 

 

トップバッターはバッカスである。まずはセッティングからね!

 

 

 

 

     この時はまだしっかりとした顔つきのドラムのYさん。

 

 

 

 

 

        ギターとボーカルは後姿よ♪

 

 

 

 

 

    ベースも細かいところまでチェック・・OK! 

 

 

 

全体のバランスがわからないわ・・N先生前で聞いてみてね。

 

 

 

 

 

 

    ちょっとキーボード、音デカいわよ怒り

    すすすんませーーんゆう★   すぐ小さくいたしますデスエル

 

 

 

 

そうこうしていたらもう予定の11時。着替えて本番に臨みましょう筋肉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーボードのスタンドが無いというハプニングもあったが、何とか無事に終わった。

 

 

 

 

 

次は大正琴の皆さん。この場所にぴったりの情緒のある音色で演奏してくれた。

 

 

 

 

 

 

大正琴は1時間の演奏時間があるとの事で、その間に私たちはお昼ごはんをいただくことにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

何故だか男性と女性に分かれて座ってしまうのである。しかしそれには理由がありそうである。

会話が全く違う。男性は???ようわからん会話。女性は『このおひたしは何かしら?ほうれんそう?菜の花?』『んー、このたけのこ美味しいわ!!』女性は食べることが大好きなのである。

 

 

ボーカルのお姉さんは外でついているお餅が欲しいと買いに行ったので、私もついていく。するとおばちゃんが『あんたもついてみない!』

言われるがまま餅つきを始めたお姉さん。

 

 

 

 

とても上手くついていて、初めてとは思えない。私が子供の頃はこのように杵と臼でお餅をついていた。懐かしい。

 

 

 

 

さあ、そろそろう〜ちゃんかんしゃの出番。今回は演奏と脳トレを行う。N先生の素晴らしいピアノとトークで観客の方も大いに楽しんでいたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後は大分からお越しのこのお2人。

老人施設などに慰問に行かれるそうで、懐かしの歌などを歌ってくれた。

可愛らしい声と雰囲気はほっと心をほぐしてくれたようであった。

 

 

 

 

 

 

 

こうして11時から始まった桜まつりの演奏は終了した。

 

昨年は雨でお御堂の中での演奏でお客さんも少なかったが、今年は桜がハラハラと舞う中での演奏。良かったわー

 

4/8(日)まで行っているとのことなので、皆さんも是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM