じいちゃんとすっぽん

- - - otoneko-ms

先日の夕方のことである。私は夕飯の準備で台所に立っていた。するとじいちゃんがやって来てこう言う。

『川にすっぽんがいる!』

『すっぽん?ふつうの亀じゃろう?』

『いや、あれは顔が違う、すっぽんじゃあ』

『こんなところにすっぽんがいるかなあ?』

 

実は以前お茶摘みをしていて亀を発見し、連れて帰ったことがあった。そして池に入れていたが、翌日見たら脱走してもういなかった。それとおなじ亀だろうと思っていた私。

『捕ろうか?』

『・・・』

 

じいちゃんは既に捕獲作戦を練っているようだった。夕飯の準備中だった私は一旦それを中止し、じいちゃんと共に川に行った。

 

???

どこにいるのか、すっぽんくん!

よくわからない。

『わからんかや?そこそこ、石とおんなじ色をしちょる』

 

おおおおーー、ほんとに石と同化していた。そしていよいよ捕獲。

素手で捕ろうかなどと言うじいちゃんを説得し、バケツに追い込む作戦を取った。

そして・・

 

 

 

 

 

 

見事捕獲成功!しかしよくわからないね。ならばこれをお見せしよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっぽんくんは、『おいらはすっぽんだぞ!そこいら辺の亀じゃないぜ!!』 と威張っているように見えた。やはり顔が獰猛で普通の亀とは違う。バケツに入れられたのが

気に入らなかったのか、そこから出ようとしている。

 

『おいおい、まだ出たらだめだよ〜』と棒でつつくと、猫だったらこんな声が聞こえてきそうであった。

『シャー(怒り)』

 

 

せっかくなので、母にも見せようと声をかけるとひょこひょこ庭に出てきた。そして案の定私の思った通りの答えが返ってきた。

『こんなもん捕って来て! 川に返しなさい!!』

 

じいちゃんは秘かに思っていたのである。これをさばいて食べたら滋養がつくかも・・と。しかし、やはり母から反対されたのと、一体これを誰がさばけるのか?という一番の問題に直面し、川に返すことにした。

 

 

すごく心残りで残念! という思いがじいちゃんの後ろ姿ににじみ出ている。せっかく捕ったのにね。

 

 

 

 

 

そしてすっぽんくんは再び川へ・・・

 

 

 

 

 

 

さようなら〜

という間もなく、すっぽんくんは大急ぎで川の中を泳いでいった。

 

 

 

 

 

すっぽんは首がとても長い。そしてスゴいスピードで泳ぐ泳ぐ

 

 

 

 

 

 

また捕まったらえらいこっちゃ、急いで逃げろ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猛スピードで泳ぎ、すっぽんくんは岩の隙間に隠れてしまった。この岩が彼のおうちだったのだろうか・・

 

 

 

 

ほんの短い時間だったが、すっぽんくんのおかげで楽しい時を過ごさせてもらった。ありがとうね♥

 

後でインターネットで調べたら、天然物のすっぽんはとても貴重らしい。

んまー、だったら川に返さずにどこかに売り飛ばしたら良かったわ!!  と強欲なばあさんにすぐになれそうなワタクシなのであった。ふふふ

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM