私は見た!!

- - - otoneko-ms

 

 

早いもので気が付けばもう2月。年末から慌ただしい毎日を過ごしてきたワタクシ。しかし、そんな時にふっと心を癒してくれる動物たち。我が家には4月で18歳になる猫のかいちゃん、お隣には野良猫から昇進したえみちゃん。そして池には赤や黄金のぷかぷか。

ん? んん?? んんんんーん???

ええええええーーーーーーっ???????

 

 

このぷかぷかは池が淋しいからと当時あったホームワイドで買ってきたものだ。驚くような食欲でずんずん大きくなり、何度も卵を産み大家族となっていた。池の周りを歩いていると、水面に上がって来て『おばちゃーん、ごはんごはん🍚』と催促していた。かわいいヤツらだった。

 

しかし!しかしである!!ある時気が付いた。

『何だかぷかぷかが少ないなあー』

最初は寒いから隠れているのかと思っていた。が、日に日に数が減っている。これはおかしい。以前はサギが飛んできてぷかぷかを食べたことはあった。対策として池の上に糸を張った。これでぷかぷかは守られた。

だが、今度は何だか様子が違う。毎日毎日減っていくぷかぷか。しかも丸々と太った立派なものからいなくなるのだ。

 

そしてとうとう母が見たらしい。自分より大きなぷかぷかをくわえて逃走するやからを。

色はキツネのような黄金色?テンかイタチか・・・そういった類の獣だろう。

あるとき私が外出から帰ってきたら、池の前に母が仁王立ちになっていた。

『何しよるん?』 『あいつがぷかぷかを取りに来んごと見張っちょる!』

 

何でも母が畑に行こうとしたら、ヤツもこちらにひょこひょこ来ていて目が合ったららしい。それで見張っているという。まあ気持ちはわかるが、お母様!それは無駄だと思いますわよ!

 

しかし、これ以上ぷかぷかを取られないようどうにかしなくては。

するとじいちゃんが言った。

『罠をかけよう!』 『ダメ!』

かいちゃんは家猫だが、えみちゃんは自由に外を回れる。えみちゃんが罠にかかったらかわいそうだ!!

ということでこの案は却下となった。そこで池の周りに網を張った。

が、あれ??今日もまたぷかぷかが減っている・・おかしいなあ。なぜ?ひょっとして水の中を泳ぐの?

 

そしてとうとう私は見た!!

池の端から端に泳いでいった獣を!色はねずみ色というかたぬき色というか・・

そして後日またしてもヤツが池にいるのを見た。写真、写真を撮らなくっちゃーーと焦ってカメラの用意をしたころにはヤツは既にどこかへ行ってしまっていた。

そしてそして後後日。おーほっほ!ワタクシとうとうやったわ!ヤツをカメラに収めましたことよ。(`・∀・´)エッヘン!!

(写真を転送しようと何度も試みたが、ヤツが私に意地悪をしているのかとうとうできなかった。残念(´;ω;`)である。)

アライグマのようなかわいい顔のヤツであった。

 

 

しかしである。ぷかぷかを取りに来るヤツ。どうも何匹もいるようなのだ。私が見たのはこのねずみ色。しかし主人が見たのは黄金色。母が見たのも黄金色。獣はネットワーク網が充実していてあらゆる種の獣がぷかぷかを狙って我が家に来ているのではないか?

そこでまたじいちゃんの登場である。今度は猟をする人にカゴ?を借りてきて設置した。かごの中のエサを食べると入り口の扉が閉まってしまうものである。イノシシを獲るときに使う物の小型版である。

 

そしてある日。

 

 

 

 

あらまあ。何と小さなネズミが入っていた。そして鳴くのである。キュウ―、キュウーと。

 

 

 

 

あんまり小さいのでかわいそうになった。それはじいちゃんも同じだったようで、『川のそばに放してやろう』と。ネズミさん、良かったね。

 

ネズミは良かったのだが、設置後ぷかぷかの数は減らず、ヤツも来ている様子はない。カゴがあるからなのか、もう美味しそうなぷかぷかがいないからなのか・・うーん、せっかく設置したのに・・ちょっと残念である。

 

 

 

 

もう少し暖かくなったらまた新しいぷかぷかを仲間に入れてあげようと思っている。池はやっぱりぷかぷかがのんびり泳いでいるのがいいよね🐟

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM